月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラット1つを商売道具にしているさ





林檎ちゃんが、歌ったとき
「俺じゃん!!」

と、興奮したものです。

アンプシステムを今年は刷新した。

と、言ってもスピーカーをELKに変更しただけだが。


この古いスピーカーは、実に古臭い音を出して魔法をかけてくれる。

日本が高度成長に湧き、
ビートルズが来日して、
エレキブームが国内を席巻した時代。

まあ、それよりは新しいが。

ふわ~っとしていた、アンプと言う概念を明確に打ち出した国内メーカーが

ELKだ。


「エレキは不良のやることだ」

と、言われた時代。

今でこそ、市民権を得て尚且つ内向的な秘めた気持ちを持った
代弁的芸術性と言う形で
子供から、大人。
優等生や劣等生。そして男女問わず、誰しもがロックに普通に触れられる時代。


それに伴ってロックやポップスの価値観は多様性を極め、
より明確なメッセージ性を持った音楽が、個々の隅々にまで浸透している。

アマチュア、プロを問わず、良いものは良いと言う
音楽が本来持つ姿に落ち着いたのが現在だ。


黎明期に、活躍したこの古臭いアンプは、
懐古趣味だと言われてしまえばそれで終わりだが、
今現在に至るロックを代弁している気がしてならない。


娯楽が少ない時代に、刺激を求めてライブに来た観客達を
ご機嫌な音楽で踊らせ続けたスピーカーの持つ魔力。


思いっきりヴィンテージ仕様で新品を作ったとしても、
実際の現場で鳴らし続けた時間までは再現できない。

多種多様なミュージシャンが、様々な音を出してきたスピーカー。

古物屋の隅で埃を被ったまま眠っていたこいつに、
もう一度電気を流して音を出してやると言ってみた。


で、今は俺のベースの音を出してくれているっていう。


数奇な運命で巡りあったこいつが、昔とは全然違う音楽環境でも

「エレキは不良のやることだ」

と、主張している気がしてならない。


お前らがどんな音楽をやっていようが、
俺が出す音はこれだ。

お前が気に入ろうが気に入らないだろうが、
そんな事は関係無い。


と、スピーカーに言われている気がしてならない。

そう。
それが良い。

それで良い。



本来アンプ直が自分のスタイルだが、
いかんせんプラグが抜ける。

ラットでプラグの距離を稼いでいるのは、
棺桶みたいに長いこのスピーカーのせいでもある。


喋りすぎた。

こんな事を書いても、何の意味もない。


スポンサーサイト
  1. 2016/10/27(木) 00:07:15|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0
<<誤解がないように言えば | ホーム | ベース弾きは二度ベルを鳴らす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。