月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーカブと野宿しようぜ!第9夜~栃木のカブ、京都を走る~




琵琶湖の大津から国道367を大原に抜ければ

京都市内に入る。


早朝、快音を響かせ、
1台のスーパーカブが峠を駆け抜ける。


喧騒の前、京都はこれから始まる1日を見据えているかの様だ。


しばらく走り、右手にセブンイレブンを確認して、停車。

朝飯はレッドブルと塩むすび。

エネルギーのみの補給に専念する。


銀閣寺において、お土産を購入するべく
百万遍を銀閣寺方面へ。

昨年も訪れた銀閣寺のお土産屋さん。


ちりめんと八つ橋。

実に京都らしいお土産。

これで、義理は立つ。
お土産も決まり、郵便で送るとして、しからば観光を重視できる。


さてさて、京都市内は沢山の原付が闊歩する。

通学に通勤、
狭い道もスイスイ行けるから、
どんな道も、かなりの速度で走っている。

ピンクナンバー天国と言っても過言ではない京都は、様々な原付を見れるから楽しい。

勿論、普通のバイクも走っているし、市バスも朝から元気に走る。


銀閣寺に到着して、銀閣寺傍の哲学の道に面した、お土産屋さん付近にバイクを停車してお店へ行く。


しかし、まだ閉まっていた!!

銀閣寺付近の写真




ぬわんだと!!


お店が開くまで、まだ一時間位ある。


待つか?
とも、思ったが、
まあ、又今度来ることにしよう。


出鼻で予定が狂い、何だかんだで通勤時間にかぶり始めた。


市内は凄い交通量だ。


しばらく市内を流しつつ、出町柳から北野天満宮を通りすぎ、
北野白梅町駅の横を通り過ぎ、嵐山へ向かう。


この近辺はかなりローカルで大好きだ。
観光地臭くないと言うか、生活が感じられると言うか。


嵐山へ向かう途中、バイクや車と絡みつつ、
市内を走るのは気持ちが良い。


きたねぇなりの田舎者のカブ野郎は、
筋金入りの長距離ランナーなのだ。

毎日京都を走り慣れた感をプンプンさせながら、
調子こいて、俺を煽って追い越して行っても、お主たちなど屁でも何でもない。


競争しに来ているんじゃない。
ツーリングに来ているのだ。

そう言うものだ。


カブはやがて嵐山に到着した。


お店が並ぶ通り、つまり渡月橋手前の道路にバイクを停めて、
辺りを見渡す。


係わらない方が良いみたいな空気が、
俺に伝わってくるのが解る。


観光客なのか、可愛い女子が多い。


思わず、「おお!可愛い」と、独り言を声に出して言っていた。


女子も心得て居る感じで、
横断歩道を渡りながら笑ってくれる。


これこれ。


どーせ、2度と会うこともないんだ、だったら素直に可愛かったり、綺麗だったら声に出して言ってしまおう。


抹茶アイスを食べながら、
嵐山を歩く。


ボロクソの靴は、穴が開いているから涼しいが、
靴底が減っているから衝撃が痛い。


ミリタリーパンツも、厚手なので捲り上げて歩く。


まあ、この町には似つかわしくない格好だな。


嵯峨野の野仏を見に行く。


歴史が深く、
何度も同じ民族同士で戦ってきた戦場でもある京都は、
そりゃあ色々在るわけで。


オカルトマニアも喜ぶ心霊スポットも多数存在していたりする。


居る居ない、出る出ない、見える見えないは別として、
そう言う場所での先人の思いや、歴史を軽んじてはならない。

同情するとかじゃなくて、
そこには命が確かに存在したのだと、認識して畏敬の念を持たなければならないわけだ。


それを続けるのが旅人の心得で、
無闇に土足と無神経で、そう言う所に踏み込んではならない。


それを旅の信条にしている俺は、
幽霊街道だろうが、お化けトンネルだろうが、
行かなければ帰れないし、進まなければ辿り着けないのも知っている。

仮に何かを感じたり、見てしまったとしても、
もうそれは仕方無いと諦めるしかない。


長い歴史と、沢山の人の命が在って、
我々も生きている。

不条理に亡くなった魂だってそれこそ沢山あるだろう。

でも、それを知っていても、生きていかなければならないのが、我々の使命で、今を生きてるって事だ。

それをわきまえて、知らない土地と対峙する。


そんな事を考えながら野仏を見ていた。


風葬の跡。


見えない場所に遺体を持っていく風習。


そう言う歴史もあったのだと認識する事も大切だと思った。



渡月橋の写真





さてさて、
これから福井へでも行ってみるかと、

密かにほくそ笑む俺。


高雄を抜けて、小浜を目指すことにした。


スポンサーサイト
  1. 2016/08/10(水) 17:43:28|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0
<<スーパーカブと野宿しようぜ!第10夜~小浜で海鮮丼を食べるしかねぇ~ | ホーム | スーパーカブと野宿しようぜ!第8夜~琵琶湖一夜~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。