月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スーパーカブと野宿しようぜ!第5夜~木曽の山には何かが居る~






早朝。


まだ、5時くらいか?


草刈り機の甲高いエンジン音で
俺の睡眠は終わりを告げた。


つーか、二三時間しか、寝てねぇから!!


だが、仕方ない。

間借りさせてもらっている身で、贅沢は言えない。


南アルプスの天然水で顔と頭を洗う。


うぅ……ちめたい。

で、気持ちが良い。


旅に必要な物の一つに、タオルがある。


夏は基本的にタオル一枚と
手拭いがあれば最強で、何泊であろうとこの二枚で足りる。


何を隠そう、手拭いだけで風呂も洗面も、ヘルメットのシールド拭きも
全て行うことが出来るのだ。


バックに結び、炎天下のなか走っていればすぐに乾くし、
汚れたら石鹸で(道の駅のトイレの石鹸)洗って、
同じようにぶら下げていれば、あっという間に乾いて清潔だ。


タオルが登場するのは風呂上がり。

バスタオルじゃなくて、普通のタオルで充分。


乾くのに時間は掛かるが、
基本バックに縛って乾かすのは同じだ。


夜間、テントの中にでもぶら下げておけば、やはり乾くし問題ない。


でかいバイクで旅をするときは、
バンダナを持っていく。

手拭いと同じ使い方だが、バンダナはウエストバックに縛って乾かす。


手拭いよりも見栄えが良いかな~くらいの感じだが、
バック本体にタオルを縛って走るので、
二ついっぺんに乾かすには合理的なやりかただと思う。


テントだマットだのを安いバックに詰め込んで、
バイクに載せ、二日目が始まる。


天気は晴天。

朝方空気は涼しい。


時刻は6時半。


上着を脱いで、チームTシャツに長袖のインナーを着込む。


甲州街道を諏訪に向けて走り出す。


ペースは上がるが、いかんせん平日だ。

出勤する車が多い。


諏訪市内は凄く良い町だった。

諏訪湖沿岸に街が栄え、生活があり、学生も沢山居る。


朝の諏訪湖は、そりゃあもう綺麗だった。
朝日がキラキラと湖面を照らし、
諏訪の人は、きっと変わらない日常の景色なのだろうけど、初めて来た人間には
堪らなくきれいに見えてしまうのが常だ。


道行く通勤の車に、
「お勤めご苦労さん!」などと、少しの皮肉を込める。

何せこっちだって夏休みだ。卑屈になる義理はないが、やはりね……


朝飯も食わず、
カブにガソリンを入れて更に西へ。

塩尻から、南下して御嶽山を目指して走る。


二日目の移動距離で、最終的に何処まで行けるかが決まる。


京都は、まだまだ先だ。

甲州街道から木曽路へ。
とにかく高い山々の間を走り抜けて、中央アルプスが、
青空に浮かんで見えた。

スポンサーサイト
  1. 2016/08/03(水) 23:34:37|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0
<<スーパーカブと野宿しようぜ!第6夜~スーパーカブの山嶺~ | ホーム | やがて、おだてられた栗鼠は、その舞台に上がった。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR