月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーカブと野宿しようぜ!第一夜


さあ、諸君。


旅は良い。


野宿ならなお良い。


そこには時間に縛られる感覚がなくなり、
行き先にも縛られる事も無くなる。


まさに、風の向くまま気の向くまま。


旅本来の醍醐味を味わえるのが、
野宿とスーパーカブと言う最強の組み合わせなのだ。


別にバイクなら何でも良いじゃないかと言う向きもあろう。


勿論、バイクに関しては何でも良い。


が、しかし。


あの空気に溶け込み、知らない土地を走りながらも地域に溶け込むのは、
スーパーカブ以外に有り得ないとも思う。


水曜どうでしょうが、
スーパーカブを使用し、様々な企画を成功させたように、
スーパーカブには、普通のバイクには無い普通さがある。

言い換えれば、
スーパーカブのスーパー足るゆえんは、普通を越えた普通に他ならないのだ。


意味がわからないか……

まあ、いい。



今さら燃費がどうとか、
積載性がどうとか、

スーパーカブの長所を書き連ねるまでも無いので、割愛するが、

移動手段として、乗り物の選択肢として、スーパーカブは、有益な存在だと思う。


排気量に関しては、原チャリ一種と二種で、それぞれ特長が異なり、移動距離も速度も違うのだが、
別段遠くに行かなくても、自分の中の冒険心が満たされれば、
それはそれで問題ない筈である。


要は、スーパーカブに乗って旅をして、
なんて事無い場所で野宿しちゃう俺
と言う、人間強度を更に高める事を目的とした旅をしようって、言ってるんだ。


まあ、そんな大袈裟な精神論を語るつもりもないが、

一度きりの人生。

その人生に、バイクで旅して野宿した
と言う、ページを刻むのも悪くないと思うわけで。


実際にやってみると、想像よりも遥かに楽しいと思ってもらえれば、
俺もあなたもめっけもので、
もう二度とやりたくないと思ったとしても、
あの時と比べたら今の方が全然楽だ!
と、比較できる体験に成ること受け合いだ。


まあ、前置きが長くなったが、私の経験したスーパーカブと野宿についてボチボチ書いていこうと思う。


少しでも興味を持って、バイクに乗りたくなったなら、
そして、野宿がしたいけど一人じゃ不安だと思ったなら、
遠慮なく俺に言ってくれ。

時間の限り付き合うし、バイクだってお店とか色々何とかしてやろう。


ベテランだって歓迎だ。
一緒に走るのは誰だって条件は同じだ。

そう言う人と旅すれば、自分のスキルもアップするし、知らなかったものの見方が出来るようになるだろうし。



さて、まずは先日の飛騨高山下道ランについて
書いていきたいと思う。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/04(月) 14:31:31|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0
<<スーパーカブと野宿しようぜ!第二夜~出発の福音~ | ホーム | ガルパンの映画3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。