月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベース馬鹿一代記~あの日僕は初心者だった編~7



鍛え抜いた指を、
棒やすりのような弦で磨り減らし、
血豆がライブ中にぶっつぁけた(栃木弁)

結果、白いTシャツにコーヒーの染みと血の染みが
センセーショナルだった。


「俺、パンクスじゃん……」


初ライブに酔う。


シドビシャスの様に、白いフェルナンデスのベース(お年玉で買った)が、
尚更ビシャス感を醸し出す。



その後、ウイスキーを打ち上げで呑み、
私は記憶を無くしたのだが、
指の痛みだけは残っていた。


後日、ライブビデオ試写会において、
メンバーがそれぞれ自画自賛の阿鼻叫喚に陥ったのは、
初心者ならではの話し。


当時、ユニオン通りに中古レコード店があり、
俺はKAWAIのレスポールベースが欲しくて、

なぜ、レスポールベースだったのかと言うと、
ジミーペイジのレスポールを股間で弾くイメージ写真を見たからなのだが、
売り切れていたので、フェルナンデスのベースを購入する事になった。


フェンダー系の大きいペグが、当時好きじゃなかった俺は、
ペグが小さくてレスポールぽくね?
と、変なところで納得して購入したのだった。


てか、セットで買った黒いベースはどうしたのかと言うと、
楽器初心者にとって、何がそもそも重要かと言うと、
ネームバリューである。

つまり、ブランド至上主義が技術よりも重要なのだ。


だから、マッドアックスと言う
邪悪なブランドの名前よりも、
フェルナンデスと言う説明不要のブランド力に、
魅力を感じていた。


俺の初心者時代、因にそれから数年。

俺はこのフェルナンデスを愛用するのだが、
プレべのピックアップと、ジャズベのピックアップが搭載された
今でもこのレイアウトのベースを愛用する
俗に言うPJタイプのベース好きは、
このフェルナンデスで培われた事は言うまでもない。


で、KAWAIのレスポールベースを
お持ちのかたは、是非ともお譲り頂きたい!

マジで!!


やがて、我々は歌いたくなって、メンバーが1人1曲歌うと言う次の段階に移行する。


因に、ジュディマリもコピーする事になるのだが、
全員が徐々に技量を上げていたのは、
我々は全く気付いていない。


ただ、ただ、
バンドが楽しい。


それだけだった。

スポンサーサイト
  1. 2016/06/07(火) 19:03:10|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0
<<ベース馬鹿一代記~あの日僕は初心者だった編~8 | ホーム | ベース馬鹿一代記~あの日僕は初心者だった編~6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。