月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーカブの話




ある程度の改造を施した私のスーパーカブは、
他の人のカブに乗ったことがないからよく知らないが、
かなりのツーリング性能を持っている。

はずだ。


先日も、渋峠を越えて湯田中で寝たときも、
登りはともかく、下りは快適だ。

下道や、渋滞に強いのも魅力だが、
あのキャリアにイオンで買った安いドラムバックを
搭載すれば、

銀マットから寝袋、テント、ビーサンや着替えにお土産まで、
がっつり、載せることができる。

因にサイドバックには、カッパとマップ、バーナーとマグカップが入る。


温泉は手拭いと、普通のタオルだけなので、バックにぶら下げて走っていると、
あっという間に乾いてしまう。


湯田中では、温泉施設の休憩所で寝たので
テントは使わなかった。
銀マットを畳に敷いて、寝袋を枕に寝た。

上着だけを羽織れば、ぐっすり寝れる。


超熱い温泉に癒され、誰もいない広い休憩所で、
静かに本を読みながら、トリスウィスキーをチビチビやり、
ウルメイワシをかじる。

家族連れの話し声や、笑い声。

地元の人の話に耳を傾けながら、
普段は存在しない自分がそこにいる不思議。


ヘルメットの虫を拭い、早朝から長野市善光寺へ向かい、上田から菅平、嬬恋を抜けて帰る。


結構一泊の旅には手軽な距離だ。


スーパーカブは、無理なく荷物と俺を乗せて、
きびきび走ってくれる。

町の匂い、風や山の匂い。
埃っぽい道や、寒い道、熱い道。

昼間と夜は全く違う景色と空気を切り替えながら、
スーパーカブと俺は、
ロマンチックに走るのだ。


さて、今度は何処に行こうか?

スポンサーサイト
  1. 2016/05/11(水) 22:08:40|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0
<<ハワイアンな昼下り、気だるさが似合うそんなスクエア | ホーム | 初夏に見る昼間のオリオン。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。