月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憂鬱



さて、
本年気になっていた事の一つに

涼宮ハルヒの憂鬱

の、セレクトが放送されているのだが、

本編で問題になった
エンドレスサマーエイトと言う回がある。

8回同じ話を繰り返すと言う
非常に尖ったアニメの本編

8週にわたり、繰り返されたこのエンドレスサマーエイト
アニメ愛好家達をかつて騒然とさせた伝説の回だ。

まさか、本当に8回やるのか!?
とか、
毎回少しずつ変わる微細なアニメーション。

同じ話を8回書くアニメ会社も凄まじいが、
声優達の同じ話なのにぶれない胆力たるや、ある意味プロフェッショナルを感じさせてくれる。

だが、リスナーは飽きた。

4回で充分だった。

結果、物議を醸し出したのだが、

今回のセレクトにおいて
エンドレスサマーエイトはどうやら放送されないようだ。

安堵と共に、少し寂しい気がするのは、
我儘だからなのだろうか。


涼宮ハルヒの憂鬱
あれから10年経つのか……

一つのアニメの時代を作り上げたと言っても過言ではない
そんな作品だと思う。


スポンサーサイト
  1. 2016/12/27(火) 00:07:30|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

メリークリスマス




クリスマスは

撮り溜めたアニメを見ながら
煮イカを食べて、ペプシコーラを飲んで終わりました。


いいんです。


私は私の好きなように
クリスマスを過ごしていただけなのですから。


パーリィ?


なにそれ、美味しいの?

あ、チーズケーキも食べました。

美味しかったです。


時代はクリボッチを推奨しているんだと思います。

  1. 2016/12/25(日) 15:28:51|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

ジンレモン




だいたい明日の事なんてわからねぇから
ロックをやってるわけで。

明日の事がわかるならベースなんか誰が弾いてるかつーんだ。

出来る出来ないとか、
やれるやれないとか、
やりたいことしか出来ないつー事だ。

解ったか?

解ったんなら寝ろ。


さもないと、サンタクロースとファックすることになるぞ。

  1. 2016/12/24(土) 15:03:56|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

スーパーカブで買い出しに行こうぜ



人生に必要な事は
旅とロックと美味いものだと
豪語するコンボイは、旅と言うか美味いものを求めて小名浜へいく。

その道のりを人はこう言う

「小名浜ヘブンロード」

と。


平日に休みをもらったなら、
平日に暇な人を誘えば良い。


で、定年退職した上司を誘う。


水車の道の駅で
柚子たい焼きを食い、
棚倉から289を勿来に向けて走る。


小名浜ララミュにて昼食。
鮭イクラ丼を平らげ、アイスクリームを食い、
市場にて買い出しtime。

鮭である。


切り身を二キロ購入。

鱈、ワカメ、生のり、干物を購入して
発泡スチロールの箱をカブに搭載。


魚屋さんになってしまった……


  1. 2016/12/21(水) 22:50:48|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

絶望写真


(;´д`)


  1. 2016/12/20(火) 23:10:11|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

サシバの里




寒くなって、ツーリングコースもショートがメインになる。


休みの日課として
サシバの里にあるコーヒーショップでブレンドを飲む。

これが結構至福の時間だ。
ホットドッグ込みで500円


のんびり静かな道の駅で俺は気に入っている。

ガヤガヤと賑かな道の駅も好きだが、
折角の休みの一時。
自分に正直に過ごしたいものだ。


冬枯れの田んぼを見ながらとか
最近こればかりだが、
普遍な風景はいつでも飽きることがない。


冬の澄んだ青空
霜でぬかるんだ田んぼ
光が当たって蒸気が沸き立つ

そんな時、自分のバイクについて話したりしない。

走った道と走る道をぼんやり考える。


このぼんやりに
タバコとコーヒーは芳醇なエッセンスを与えてくれる。


ぼんやりの為にこの嗜好品があると言っても
過言ではない。


僅かな時間
そして大切な時間


日光口パーキングでも同じようなことをしているが、
こっちは夏がメインだ。

  1. 2016/12/19(月) 22:35:32|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

4DX




初体験でした。


あんな刺激的な体験。
なかなかありません。

グイングイン動き
凄いバイブレーション
上下に突き上げる激しさ
そしてビシャビシャに成るほどの水分の吹き出し

耳と足首を刺激する息吹き

これはあかん!

女の子はたまらん。
ハズだ。



念願のガルパン4DX

やっと見れたのです。

これでよい年がむかえられそう。


カールの爆撃
最高でした。

最後の戦いも大迫力でした。


  1. 2016/12/16(金) 00:17:31|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

日々ロック




大概真面目に書く日記は詰まらないと相場は決まっているが、

ほら、俺って根が真面目だから。


アレ?


違うの?



まあ、いいか。


いやはや、願いは通じるもので
ガルパンの4DXがフォーラム那須にて限定上映される。


とらいでか!!


絶対見に行く。


君の名は。だと?

見たいけど4DXの方が私は見たい。


てか、君の名は。まだ見てないの?と、言われそうだが、
良いからとか言われるとついつい億劫になる残念な性格のコンボイ。

見たいよ。

そりゃ、飛騨高山が舞台だからね。

飛騨高山愛してるからね。


…………。


まあ、4DXを見てから考えよう。


てかね、ガルパンの映画はそれこそ100回以上見てるから。

ほぼ、セリフも言えるから。


でも、映画館の迫力は凄いんだよな……


さあ、諸君


パンツァーフォー!!


フォーラム那須にてお会いしましょう。


  1. 2016/12/13(火) 22:01:15|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

革ジャンブルース



バイク乗りは革ジャンだ。

寒かろうが暑かろうが革ジャンだ。


凍てつく寒さに身を任せ、
腹が痛くなり、頭が痛くなり、
顎が動かなくなっても
革ジャン1枚。

キンキンに冷えていく革の冷たさに、
人生の冷たさも重ね合わせる。


痩せ我慢じゃない。
好きでやってるんだ。


と、

誤魔化しながらバイクを転がす。



あかん!!

滅茶苦茶寒い……

早く家に帰って、撮り溜めたアニメを見よう。


私はバイクを転がす。



もう、革ジャンだけではどうしようもない。


真冬のアーマーを、引っ張り出そう。


因に、チャップスは、
股間と膝が冷たくなる。

だけどオーバーパンツとか、
格好悪くて履きたくないしな……


たとえ真冬のロングでも
革ジャンとチャップスで片道500キロを走れる
タフな精神が欲しい。


エンジニアブーツと、
手首は隠れないグローブと、
フルフェイスのみと言う潔さで
真冬を走り抜けたらそりゃあ~あんた
かっけーんすよ。


寒いの駄目だ~……


てか、こんなに寒かったっけ?


  1. 2016/12/13(火) 00:30:01|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

エンジェルフィッシュ



エンジェルフィッシュと呼ばれる魚がいる。

そう、鮟鱇である。

鯖鮭鮪鰹鱸鯛鮃鰤鰰鮫鯨鯔鱚鰯……

漢字一文字の魚は多いのに、

なぜかアンコウだけが鮟鱇と二文字なのだ。


先日、ガルパンの聖地大洗町にて
アンコウ鍋を食べる機会があった。

私は鱈鍋が好きで、よく作るのだが
折角だから鮟鱇鍋とはいかなるものか
食べてみたくて一時間待ってようやくありついた。


単純に高い。

そして美味い。

味は値段に比例すると言うよい例だった。


たまたまスポンサーが一緒だったから、さほど財布は痛まなかったが、
おねーちゃんと一緒に仮に食べるとなると、
躊躇してしまう値段だった。



青森に津軽三味線を聴きながら食事ができる
いぶし銀と言う店がある。

そこで食べたキンキ鍋もたいそう美味しかったのをふと思い出した。

そして、高かったが、その時に飲んだ日本酒が美味しかったのも思い出した。


鍋には日本酒なんだろうな。


家ではもっぱら鮭や鱈。
豆腐と白菜、大根を入れて食べる。


冬キャンプにおいての簡易鍋は
キムチとウインナーがメインになる。

魚は味噌汁に一緒に入れて煮る。


で、日本酒を飲みながら鍋をつつく。


バーナーは温かな音を出して、魅惑のeattimeへと誘うのである。


そーいえば、キャンプの時はご飯食べないな。


少しのお酒で酔っぱらうコスパが抜群の私は、
食事代までけちればかなりの安い金で
旅を進めることが出来る。

よし、来年はこの作戦で四国へ行こう。

  1. 2016/12/10(土) 22:49:48|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

ファミリーマート




ファミマブランドで出されている、
岩塩キャラメルアイスにドはまりしている訳ですが、

夕方3時半に食べるのが乙なもんである。


暖房の効いた車内で、冬枯れの田んぼを見ながら食べる。

で、タリーズコーヒーブラックを飲みながら、アイスを食べる。


夕闇が迫る荒涼の風景。
窓を打つ空っ風。


甘過ぎず口に広がるアイス。
食べ終わって、さてもう一頑張りするエナジーである。


1日の〆に岩塩キャラメルアイス。
これが最近の流れである。

いやはや、色々ある。

口のなかでゆっくり溶けて
府に落ちるアイスみたいな関係になるには
僕達は少し大人になりすぎたのかな……


ただ、楽しいじゃ駄目なのかな。


週末キャンプにでも行こうかな。
焚き火を見ながら、ぼ~っと過ごす夜も悪くない。


  1. 2016/12/08(木) 23:47:07|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

バイク乗りの美学



バイク乗りの美学とは、
原理主義だそうだ。


まあ、そういう奴も居るが。


バイクに向き合うことに関して
自分の姿勢が正しいとか、それ以外は認めないぞ!
みたいな排他的な思想が原理主義だと言う。


私の場合、果たしてどうだろう。


自分で思ったり、心に決めていたりするのは自由だと思うが、
それを他人に押し付けたり、非難や中傷も含めた言動と行動。

それはやはり違うと思う。


長い距離や凄まじい速度、膝すりしながらのコーナリング、
雨でも乗ってこそとか、
真夏と真冬に乗ってこそとか、

勝手に思って乗っていれば良いだけで、
それができないからって責めて良い理由にはならない。

まして、種類や排気量でバカにするみたいな詰まらない奴には成り下がりたくない。


わざわざ、豆腐みたいな身体を剥き出しにして走っている訳で、
それは2輪なら種類に関係無く事故れば大惨事になる。


その点に於いて、同じ土俵に居るわけだし、
詰まらない見栄で見下したり、悦に入ったり、
落ち込んでみたり。

それはバイクに乗る以前に詰まらなくしている要因じゃないかな?


折角のバイクライフ
つまりは自分の生き様を手に入れたのだから、
2輪乗り同士、思いやってみるのも必要だと思う。

まあ、他人に迷惑な運転をする2輪乗りにならなければの話だけど。


何が言いたいのかと言うと、
美学は押し付けないから美学足り得る訳だと言う事。

たまに、価値観が合う人と巡り会ったときは、
宝くじに当たったような感動を覚えるものだ。

まあ、宝くじに当たった事無いけど(;´д`)


バイクは好きなように乗ればよい。
バカな俺に付き合ってくれる仲間を大切にしなきゃと、
私は思っている。


  1. 2016/12/07(水) 22:55:21|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

(;´д`)キモチイイ




変えちゃダメだよ。
温泉マークは丸に湯気。
国際規格ってなに?
美味しいの?

でんとーだから日本の。

因に様々な温泉に入り尽くしたわたくし。


理屈や知識で入らないのが、温泉の美学

分野はそう言う人に任せりゃあ~いい。

よく、うんちくを並べて入ってくる奴が居るが
うるせぇなあと、
私は思う。

静かに入って
「あああっ!!たまんねえ……」
で、良いんだ。


頭で入るものじゃない。
身体で浸かるものだから。


真冬の雪の露天風呂

一瞬でシルバーがくすむ温泉

レジャー施設のような大浴場

恐山温泉


日本は地震も多いけど、
その温泉と言う恩恵も頂いているわけで、
感謝と畏怖を忘れない奴になりたいものだ。
  1. 2016/12/06(火) 23:50:45|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

どういうことー!!




凛はレコーディング中です。

はい。皆さんご存知のリバイバルレコーディングです。

君達はいい加減新しい曲とか無いの?

と、お思いでしょうが

我々クラスになると、
毎回が新曲ライブと言う事になるんですよ。

そう、なにせお客さんが増えない。

まったくもって、毎回が初ライブみたいな感じだ。

だから、レコーディングをして、CDを名刺がわりに、皆に知ってもらうしかないと言う。

昔聴きに来てくれた方々も、
現在も聴きに来てくれている方々も、
これから聴いてみたいと思っている方々も、
車で、
家で、
バーベキューで、
聴いていただけたらと思うのだ。


その為にも、一生懸命レコーディングをしているのだが、
そんな時、事件は起きた。


とある凛の代表曲のコーラスをレコーディングしていた
Mr.コンボイ


スラッとスマートに、エレガントに
コーラスを入れてみた訳だが……


「違う!」

とか、

「いつものじゃない!」
とか、

「綺麗すぎる!」

とか、

「もっと泥々した感じだよ!」

とか、

言われる始末。


おいおいブラザ~、
綺麗で何が悪いんだい。
しかももっと泥々した感じだよって、ちょっと。
私はどんだけ汚いコーラスなんだろう。


なので、もう一度レコーディングする事になった。

どういうことー!!


まあ、ちょっと面白かったので書いてみた。

アレだ。


今回のレコーディングは

なんか、

いけそーな気がするー!!


  1. 2016/12/05(月) 01:49:30|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

中島敦



無名ながら、死後評価される人がいる。


中島敦もその一人。


そもそも俺なんぞが論評する事こそ
畏れ多い作家だが……


彼の作品の中で
虎になってしまう詩人の話がある。

「山月記」

と、言う話なのだが
自分が天才だと自覚していて
ストイックに詩を追究する余り、
人と交わらず、媚びず、仕事を捨てて故郷にこもり詩作に没頭する。

百年の名を残そうと凄まじい自尊心の塊となり、
生活に窮して憔悴しきっていく。


仕事を続けている者達の出世や、
師によって拾い上げられた明らかに自分より凡才が幅を効かせるようになり、
やがて彼は絶望し、狂う。


妻子を残したまま山に消えてしまった。


やがて、昔から彼と親しかった友人が
ある山の森を抜けようとしたとき、
一匹の白虎が、友人の前に現れる。

白虎は、友人の顔を見るなり籔に姿を隠し
やがて二人は話始めた。


「俺はこんな姿に成るとは思っていなかった。
努めて師事したり、詩友と切磋琢磨しようとしなかった。
天才だと言われた自尊心が無かったわけではない。
ただそれは同時に臆病な自尊心であり、人の評価にさらされる羞恥心と言うべきか……
尊大な自尊心と臆病な羞恥心で、ますます心の珠を肥らせ、甘やかしていた」


「自分の殻にこもり、人とますます交わらず、人間が歪んだ珠はやがて弾けた。
それが今のこの姿だ」


と言うような内容なのだが、
この中島敦の晩年の作品には、痛烈な自己反省と自己否定が込められている。

自分の費やした時間が無駄だったと思いたくないと同時に、
なんて無駄だったのかと言う現実の姿。


諦めと後悔と絶望で、人ではない怪異に変化して、
やがて人の記憶を忘れていく
つまりは死んでいく自分を
山月記に込めている。


皮肉なもので、作家本人の死後百年後も作品は生き続けている。


少なからず、山月記に登場する白虎と心情がシンクロするのは、
俺が傲慢だからか?

ふと、何故か見透かされた気分になったので、コラムを載せてみた。


孤高を気取っていたわけではないが、
その自分の気質を飼い慣らしていた。

羞恥心を見透かされないように、自尊心で隠してきた。

もう、ヤメだ。


みっともなくても
情けなくても
俺はバカだから関係無いや。


  1. 2016/12/02(金) 22:21:02|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

好きなベース




私のベースは
嘘みたいに安いフェンダージャパンのプレべなのだが、
魔改造を施して、自分好みに仕上げてある。


よく見ると純正パーツはペグと木材だけ。

ナットもフレットも
ピックガードもピックアップも
ブリッジもポットも
それこそ締めているネジもストラップピンも
ぜ~んぶ交換してある。

リアを掘ってジャズベのピックアップも搭載してある。


もはや、プレべの形とフェンダーのロゴがあるだけの
カスタムベースだ。


このプレべの形が昔から大好きで、
ジャズベの形はしばらく弾いていると
なぜか飽きてくる。

ジャズベの方が、プレイアビリティーが高いのも事実だけど、
なるべくならマッチングヘッドのジャズべが好ましい。


つまり好きなベースはプレべの形。


出来ればサンバーストが良い。

ラッカー塗装なら、経年変化の味が楽しめる。

音には直接関係無いけど。


配線とコンデンサーも交換してあるけど、
これは好みだと思う。

電気がどう流れるかだけだ。


やたら、コンデンサーに拘る奴も多いけど
アンプ直でなければ意味無いから。

電気楽器は様々な部品で音が出るわけだから、
ネックのセッティングとか、弾きやすさを追求した方が余程プレイアビリティーを
底上げできるはずだ。


指のタッチ一つ
ピックの角度とストロークの幅。

左手の押弦の力とか、ミュートだとか。

それありきの楽器だから。


えらそーに書いていても
私もまだまだ未熟者なので、
腱鞘炎が悪化しない程度に頑張るだけだ。


  1. 2016/12/01(木) 23:46:53|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (215)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (35)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。