月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパーカブと野宿しようぜ!第四夜~だって、飛騨牛だもん!~



高山の町並み



早朝、我々は駐車場に来る車の音で目を覚ました。

結果、8時になっていた。

公園の水道で頭やら体を洗う姿。
通報されても仕方ないかも……


さっぱりして、テントの撤収を行う。

雨に備えて、カッパも出しやすくしておく。


さて、松本市から国道158号を高山方面へ走る。

途中、乗鞍、上高地を通過して安房峠を越えるロングラン。

コンビニで腹ごしらえし、
原付二種では安房峠トンネルを走れないため、
ほっそい峠道を行く事になる。

マジで細い道は、すれ違いもやっとの状況だ。


ただ、ひたすら走り抜け、平湯バスターミナルからトンネル出口に合流。

後々、平湯バスターミナルが我々の苦境を救ってくれるなどとは、二人とも思っていない。


やがて山を下り、高山市内へ出た。


あの凄まじい山岳地帯から、こうして平地の都市が現れるのは、
同じような場所を通る度に不思議な感じがする。
一体何処にこんなに人が居たのかと、驚く反面、何故か安心する。


そして、国道のバイパスには決まって同じ景色。
電気屋、巨大スーパー、チェーン店の食べ物屋、古本屋

全国の地方都市のバイパスは決まって同じ景色だが、
一歩旧道へ足を踏み入れたなら、そこは全国皆違う顔を表すローカルがある。


そして、街々の匂いがある。


旅の楽しみは、一本の細い路地であると言っても過言ではない。


まあ、たいそうな事を書いて文を尽くしたところで何も始まらないけど。

それは行ってみなきゃ分からないかも知れない。


我々は、高山の川沿にバイクを停めて(小さいバイクだから、自転車置き場にも停められる)
高山市内を散策する。

2回目だから、慣れたものだ。



氷菓と言うアニメの聖地でもある高山市は、
時折アニメとコラボしたり街おこしを行うが、

ミシュランガイドでも紹介されている街自体は、
世界的に有名な為、外国人がとても多い。


大きなスーツケースを引きながら、街を歩く外国人の多いこと。


すんばらしいですね。


さあ、昼飯は宿代をケチっているのだから、美味しいものが食べたい。


まず、氷菓に登場した喫茶店で、アニメと同じ構図でコーヒーを飲まなければ。


下の喫茶店に入る。




コーヒー美味しい!




で、更に氷菓に登場するお茶の店で抹茶ラテを飲む。

下のお店。





次いでにこの写真も。





さあ、やはり昼飯は飛騨牛だべよ。

飛騨牛と飛騨牛ラーメンさえ食えば、
我々はこの旅を概ね満足して達成したと言っても過言ではない。


みたらし団子屋さんの道をはさんで反対側に有ったラーメン屋に入る。

丁度、修学旅行かな?

中学生が多かった。

中学生でも、飛騨牛を食べて美味しい牛肉を舌で覚えたなら、日本の牛も安泰だ。


食べたのはこれ↓

因みにコバは、飛騨牛握りと言う1800円もするのを頼んで食っていた。

この男、恐るべしである。


「だって飛騨牛だもん!!」


だってさ。


笑っちゃうね。







俺が食べたのは上のやつ。

飛騨牛牛筋丼、めっちゃうまかった!

これなら何杯でもいけるぞべいべー!

スポンサーサイト
  1. 2016/07/06(水) 21:30:30|
  2. コンボイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。