月刊 野宿しようぜ

凛メンバーブログ

第三回・僕とゆらゆら帝国



真夜中のライブハウス

ファクトリー


フジテレビにて放映されていた。


ナビゲーターは、小西康晴(ピチカートファイブ)


彼が声高に紹介する。


「ゆらゆら帝国です」



ファズの効いたギターがリフを弾く。


唸るベースと、甲高いスネアの音。


異様な3人が、爆音を奏でた瞬間だった。


曲は 発光体 と言う曲。

頭を打たれたような衝撃を受けた。


同じスリーピースである我々は、
又しても、トラウマ級のインパクトを植え付けられた。



当時の遠征に向かう車の中では、「3×3×3」が、ヘビロテされた。


大概は、ブランキーを聴きながらライブハウスに向かっていたのだが、
ゆらゆら帝国もラインナップに加わった。



何が凄いって、あの世界観。

ゆらゆら帝国と言う世界観が、当時の我々には鮮烈で
大いにインスパイアされたものだ。



蓄積していく様々な感性と、価値観の変化。


国内バンドの影響はダイレクトに受けていた。


この時期、
ナンバーガール
BUMP OF CHICKEN
ポリシックス
ブンブンサテライト

などのバンドが出現し、我々もニアミスしながら刺激を受けていた。


個性がぶつかり合う新たな価値観が産まれそうなエネルギーを含んだ
失われた10年

エバンゲリオンが、テレビアニメ化されて
大人気になったとき、
サブカルチャーも又、新たな段階へ移行していたんだろう。


そんな時期にゆらゆら帝国がもたらした
原点回帰的なアプローチは、
堪らなく新しかった。


スポンサーサイト
  1. 2016/06/20(月) 23:39:34|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

第二回・僕とミッシェルガン



モッズと言われる人達が、イギリスの音楽とファッション文化に居た。

ボブカットにスーツ、
スクーターにミラーをたくさんつけて乗る。


theフーや、ジャム、ドクターフィールグッドなんかはモッズと言われるのか?


まあ、ファッションと音楽は
今よりももっと深く結び付いていた時代。


日本において、
グループサウンズや、漫才、演歌などで背広を着る人達は居たが、
あくまでも背広のイメージだったわけで、

東洋人の背広は、なんかやはりロックじゃねえなぁ~とか、
思っていたんだけど、


ミッシェルガンエレファントの登場で、
背広が、スーツとして、日本のロックアイコンに組み込まれたのは
これは実は凄いことなんだよな。


しかも、登場曲はルパン三世80と言う渋さ


もはやこれだけでも、日本の歴史に残るロックバンドなのだが、

彼等の出す音の素晴らしさ

スリーコードロックに、シニカルで皮肉たっぷりな歌詞

そしてボーカルの歌声が特徴と言う、
バンドマンなら聴いていて、悔しくなるような武器をたくさん持ったバンドだった。



例に漏れず、下北に有ったハイラインレコードだったっけ?
に、行って、
デビュー前の音源を漁る始末。


栃木にも来たミッシェルガンエレファント。


同じステージに立つことが出来ると言うので、

ファーストに入っていた
「世界の終わり」をコピーしたっけな~。


そしたら、ミッシェルガンエレファントは、翌日のステージだったと言うオチ


で、

当日のステージには
sexマシンガンズが、まだデビュー前で、
ミカンの歌とか、さそりとか、デビュー前に聴けてなおかつあんちゃんからサインを貰ったんだよな。


話が逸れた。


ミッシェルガンエレファントの登場で、
益々自分のスタイルが混迷を極めていき、
行き着く先は、服を脱ぐしかない!
と、結論に達していくのだけれど

徐々にはげし目の路線から、
ハッピーエンドや、日本語ロックの聞かせ路線をやりたがっているのが解ってきて、

自分のやりたいロックと、バンドとのギャップが広がり始めたのもこの頃だったのかな~


それぐらいミッシェルガンエレファントの登場は、
こんな田舎のバンドですら悔しくなるような
凄まじい衝撃だったって話し。


  1. 2016/06/20(月) 15:14:11|
  2. コンボイ
  3. | コメント:0

プロフィール

凛

Author:凛
雷都・栃木県宇都宮市を中心に活動しているバンド「凛~Linn~」

愛と平和
そして何ちゃねぇことや、どうでもいい唄を、アルコールとけむりの似合うサウンドに乗せ、誰かに「ありがとう」を
って言われるようなステージを目指し活動チュ~

カテゴリ

TAKA-C (16)
コンボイ (228)
スパイラル (184)
キム・ローレンス (24)
未分類 (36)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2

フリーエリア

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR